髪に関する豆知識の最近のブログ記事

2016年9月20日

一日に50本ぐらいは普通!抜け毛の数と毛周期の関係

今の季節は、特に髪の毛が多く抜けるのでびっくりしている人も多いのではないでしょうか。しかし、抜け毛と毛の周期は関係しているので1日に50本くらい抜けても普通だといわれています。

抜け毛の本数は年齢や季節によって違ってきます。夏~秋にかけてと、冬と春では、同じ人でも抜け毛の量は違ってきます。さらに3倍もの差が出てくるとも言われています。

なので、ある1日の抜け毛だけを調べて抜け毛が多いとか少ないと決めるのは危険とtいわれています。平均で、1日に100本程度ぬけるといわれていて、1年間と通して毎日100本抜けるというわけではありません。あくまで平均です。

更に年齢も大きく関係していて、年齢を重ねることにより、1日に抜ける髪の量は徐々に増えていくといわれています。女性は、5年~8年といわれていて、寿命が終わった後で起こるものなので、年齢が高くなることにより、寿命は短くなっていきます。

そのために、20代の髪の毛と50代の髪の毛を比べることにより、50代の髪の毛の方が早く抜けてしまう傾向にあります。この原因としては、加齢による自然なヘアサイクルの短期化なので、深刻に考える必要はありません。

髪の毛は成長から始まって、そのまま成長して、次に毛根が太く成長します。その後、退縮し始めます。毛根が退化して抜ける基準をする休止期になります。その後、髪の毛がぬけます。このサイクルを繰り返しているので、成長する時期と退行期、休止期となり脱毛が始まっていくのです。

抜け毛にもよりますが、大体50本~100本ぬけるのは平均といわれていますが、ぬけた髪の毛が、細い場合には、薄毛になってしまう傾向にあります。長くてしっかりしている髪の毛は、ヘアサイクルで抜けている状態なので、薄毛の心配は必要ないと思います。

髪の毛は女性にとって、命ともいわれていますが、何よりも重要なことは、抜けてしまう髪の毛を観察することです。その結果で、薄毛になってしまうかどうか決まってしまうので、きちんと確認するようにしましょう。

更に、30代後半になると抜け毛が多くなったり、薄毛となってしまうのですが、エストロゲンの分泌が減少してしまい、抜け毛や薄毛の原因なり、肌の悩みも徐々に出てきます。肌に老化があるように髪にも老化があるということを知っておくことにより、早めの対策を行うことができると思います。

2015年12月14日

自分に似合う髪型はどうやって判断すれば良いのか?美容師さんにお任せしてみよう!

自分が好きな芸能人の写真を切り抜いて美容室に持って行き「こんな感じにしてください!」と言った経験はありませんか?ほとんどの人が一度はやったことがある「美容室あるある」ではないでしょうか?私も若いころは好きなモデルさんや歌手が髪型を変えるたびにその切り抜きを持って美容室に行ったものです・・今となると「なれるわけないだろ!」と分かるのですが、当時は憧れの人と同じ髪型にすることでその人みたいになれるような気がしていたのです。でも、これって美容師の友人曰く一番困った客らしいのです・・ですよね~髪質や髪の量や色、顔の大きさや形によってイメージが全くので同じ髪型にしたところで「全然違うんですけど・・」となってしまうのです。友人はそんな客に何度もクレームをつけられたことがあるそうですが、さすがに「あなたの顔では無理です・・」とは言えず困ってしまうそうです。

3.jpg

しかし、自分の髪質や髪の量、頭や顔の大きさや形って自分ではあまり分からないですよね?ですから、それに似合う髪型がどんな感じかも分からず毎回同じような自分好みのスタイルを長年キープしている人も多いのではないでしょうか?でも、もっと自分に似合う髪型があるはず!イメチェンしたい!など急に髪型を変えたくなることってありますよね?そんな時は思い切って美容師さんに「髪型を変えたいのでお任せしても良いですか?」と聞いてみましょう!ある程度の長さや雰囲気などは伝えたほうが良いと思いますが、客観的に美容師さんが見て似合う髪型にしてもらうのってウキウキしませんか?自分では絶対に選ばない髪型が本当は自分にはぴったりだったり、頭や顔がやけに小さく見えたり・・大冒険ではありますが一度試してみてはいかがでしょうか?「好き」と「似合う」はイコールではないことが分かるはずです。

私も以前この方法で大規模なイメージチェンジに成功?したことがあります!今まで顔に髪がかからないように結べる長さにしていたのですが、美容師の友人に私に似合う髪型にしてほしいとお願いし、あとは目を閉じて完成するまで鏡を見ないようにしたんです・・目を開けるとそこには自分でも自分だと分からい人が映っていたんです。あの時は本当にびっくりして似合うのか似合わないのかもよくわかりませんでしたが、人生で始めて前髪ありのショートボブは周囲の人みんなが大絶賛してくれ、それ以来ショートボブをキープしています。髪型を変えるとファッションや性格、好みまで変わってしまい今でのなんかパッとしない自分から抜け出せたような気がします。

日本人でも髪が生まれつき茶色い人がいるのはなぜか?

日本人は欧米人に強い憧れを持っている人が多いため、黒い髪はわざわざ茶色や金色に染める人が多いですよね?最近ではコンタクトを使って瞳の色までも茶色や青色にしてしまうので、日本人ではないように見える人も少なくありません。しかし、この日本人が髪を染めることが欧米の人にとってはとても違和感があり、せっかくきれいな黒髪をなぜわざわざ染めてしまうのか理解できないと言うのです。彼らは日本人のような黒い髪と黒い瞳に逆に憧れを持ってくれているようで、自分がほいものをなぜ簡単に捨ててしまうのかと思っているようです。

若いころは早く茶髪にしたいと思い中学生くらいになると隠れてヘアカラーをしてみたり、悪ぶって茶色い髪で登校して先生に叱られたり・・そんな校則を破るようなことをしてでも髪を茶色くしたい時期があるもので、それを学校は何とか阻止しなくてはそれが規則を破り秩序を見出し、不良への入り口のように考えているので、とにかく茶色い髪で学校に来ることを厳しく禁止しているところがほとんどです。しかし、なかには生まれながらにして髪が茶色い人がいるのですが、茶髪=不良というイメージから学生時代だけではなく社会人になってからも嫌な思いや苦労することが多いようなのです。たとえば、教師は茶色い髪の子が入学して来たらまず注意しますよね?本人は生まれつきと何度言っても信じてもらえず、先輩や同級生からもいじめや嫌がらせ、陰口を言われるなどの経験がある人が多いようです・・見た目で判断する学校って悲しいですね。社会に出ても茶髪では就職活動に不利だったり、バイトでも面接に受からないなどまだまだ良くないイメージが付きまといます。友人は面接のたびに生まれつき茶色い髪を黒いヘアスプレーで染めて少しでも良い印象を与えられるように気を使っていたのですが、これってありのままの自分ではありませんよね?染めているのですから・・

このように羨ましいようで実は苦労が多い生まれつき茶色い髪、もしかしたら祖先に欧米の血が入っているのでしょうか?髪が茶色いのは色素が薄いことが原因で、このような人は遺伝的よう素が大きいようですが、髪だけではなく瞳も茶色で肌も白い場合が多いようです。これは純粋な日本人でも意外と多いようで、地域性もあるようです・・もしかしたら遠い昔に他国の血が入っているのかもしれませんね。どちらにしても生まれつき髪や瞳が茶色いことで人と違うというコンプレックスを抱かないように大人がもっと理解を深め個性の一つとして受け入れる柔軟性が必要ではないでしょうか?

ハゲやすい人は小さいころからそんな予感がする・・

先日、小学校の同窓会があり何十年ぶりの再会となりました!高校を卒業してから地元を離れてしまったので小学校時代の友人に会うことなどほとんどなかったのですが、なぜか小学時代の友人ってフルネームで覚えていませんか?中学校以降は顔は分かるけど名前が出てこない・・なんて人が多いのですが、小学校は6年間ということもあってかほぼ全員のフルネームを今でも覚えているんです!久しぶりに会った同窓生たちのおじさん、おばさんぶりには驚きますが自分も完全におばさんなので仕方がありません・・不思議なことに「この子絶対ハゲな・・」と子供心に思っていた友人は全員ハゲていたんです!子供のころからハゲなんてあだ名をつけられてからかわれていた子もいましたが、その子もしっかりハゲていました!なぜ私が小学生にして友人の将来を予測することができたのか?それは私の父と祖父がつるつるのハゲで、兄もおでこが広く髪が細かったので家族が心配していたのです。そんな環境で育つと父や祖父が良い育毛剤の話やどのような髪質がハゲやすいかなど自然と耳に入って来てしまうので、学校に行くと「この子はおでこがすでに広くて髪が細いからハゲる」「眉毛が濃くて体毛もすごから将来ハゲる」なんて男の子をそんな目で見ていたのです・・

2.jpg

その小学生時代に培ったハゲを見極める力は今でも健在で、実は好きな人ができてもまずはその人がハゲそうなら付き合うこともなく、自分で気持ちをセーブしたり結婚する相手はその人もお父さんやおじいさんがハゲていないかを事前にチェックしてから決めました。私にはハゲの遺伝子がかなり強力に埋め込まれているので、相手には俺がない方が将来男の子が生まれてきたときに良いのではないかと思ったからです。もちろん、絶対ハゲない保証はないのですが少しでもリスクを減らしたい・・

ハゲは遺伝的要素はそれほど大きくないなんて言う人もいますが、私は絶対に遺伝はあると思っています!ハゲが遺伝すると言うよりはハゲやすい体質が遺伝するのだと思うので、事前に意識していれば最小限で抑えることはできるのではないかと思います。最近はAGA治療もすごく進歩して薄毛が治るようになってきましたよね!遺伝は避けることができないので受け入れて自分が何をするべきか考えることが大切なのかもしれませんね。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち髪に関する豆知識カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは抜け毛です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。