« マウス実験で実証済み!光を当てれば髪が増える! | ホーム

2016年9月20日

一日に50本ぐらいは普通!抜け毛の数と毛周期の関係

今の季節は、特に髪の毛が多く抜けるのでびっくりしている人も多いのではないでしょうか。しかし、抜け毛と毛の周期は関係しているので1日に50本くらい抜けても普通だといわれています。

抜け毛の本数は年齢や季節によって違ってきます。夏~秋にかけてと、冬と春では、同じ人でも抜け毛の量は違ってきます。さらに3倍もの差が出てくるとも言われています。

なので、ある1日の抜け毛だけを調べて抜け毛が多いとか少ないと決めるのは危険とtいわれています。平均で、1日に100本程度ぬけるといわれていて、1年間と通して毎日100本抜けるというわけではありません。あくまで平均です。

更に年齢も大きく関係していて、年齢を重ねることにより、1日に抜ける髪の量は徐々に増えていくといわれています。女性は、5年~8年といわれていて、寿命が終わった後で起こるものなので、年齢が高くなることにより、寿命は短くなっていきます。

そのために、20代の髪の毛と50代の髪の毛を比べることにより、50代の髪の毛の方が早く抜けてしまう傾向にあります。この原因としては、加齢による自然なヘアサイクルの短期化なので、深刻に考える必要はありません。

髪の毛は成長から始まって、そのまま成長して、次に毛根が太く成長します。その後、退縮し始めます。毛根が退化して抜ける基準をする休止期になります。その後、髪の毛がぬけます。このサイクルを繰り返しているので、成長する時期と退行期、休止期となり脱毛が始まっていくのです。

抜け毛にもよりますが、大体50本~100本ぬけるのは平均といわれていますが、ぬけた髪の毛が、細い場合には、薄毛になってしまう傾向にあります。長くてしっかりしている髪の毛は、ヘアサイクルで抜けている状態なので、薄毛の心配は必要ないと思います。

髪の毛は女性にとって、命ともいわれていますが、何よりも重要なことは、抜けてしまう髪の毛を観察することです。その結果で、薄毛になってしまうかどうか決まってしまうので、きちんと確認するようにしましょう。

更に、30代後半になると抜け毛が多くなったり、薄毛となってしまうのですが、エストロゲンの分泌が減少してしまい、抜け毛や薄毛の原因なり、肌の悩みも徐々に出てきます。肌に老化があるように髪にも老化があるということを知っておくことにより、早めの対策を行うことができると思います。

このブログ記事について

このページは、mugenが2016年9月20日 11:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マウス実験で実証済み!光を当てれば髪が増える!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。