2016年9月アーカイブ

2016年9月20日

一日に50本ぐらいは普通!抜け毛の数と毛周期の関係

今の季節は、特に髪の毛が多く抜けるのでびっくりしている人も多いのではないでしょうか。しかし、抜け毛と毛の周期は関係しているので1日に50本くらい抜けても普通だといわれています。

nukege.jpg

抜け毛の本数は年齢や季節によって違ってきます。夏~秋にかけてと、冬と春では、同じ人でも抜け毛の量は違ってきます。さらに3倍もの差が出てくるとも言われています。

なので、ある1日の抜け毛だけを調べて抜け毛が多いとか少ないと決めるのは危険とtいわれています。平均で、1日に100本程度ぬけるといわれていて、1年間と通して毎日100本抜けるというわけではありません。あくまで平均です。

更に年齢も大きく関係していて、年齢を重ねることにより、1日に抜ける髪の量は徐々に増えていくといわれています。女性は、5年~8年といわれていて、寿命が終わった後で起こるものなので、年齢が高くなることにより、寿命は短くなっていきます。

そのために、20代の髪の毛と50代の髪の毛を比べることにより、50代の髪の毛の方が早く抜けてしまう傾向にあります。この原因としては、加齢による自然なヘアサイクルの短期化なので、深刻に考える必要はありません。

髪の毛は成長から始まって、そのまま成長して、次に毛根が太く成長します。その後、退縮し始めます。毛根が退化して抜ける基準をする休止期になります。その後、髪の毛がぬけます。このサイクルを繰り返しているので、成長する時期と退行期、休止期となり脱毛が始まっていくのです。

抜け毛にもよりますが、大体50本~100本ぬけるのは平均といわれていますが、ぬけた髪の毛が、細い場合には、薄毛になってしまう傾向にあります。長くてしっかりしている髪の毛は、ヘアサイクルで抜けている状態なので、薄毛の心配は必要ないと思います。

髪の毛は女性にとって、命ともいわれていますが、何よりも重要なことは、抜けてしまう髪の毛を観察することです。その結果で、薄毛になってしまうかどうか決まってしまうので、きちんと確認するようにしましょう。

更に、30代後半になると抜け毛が多くなったり、薄毛となってしまうのですが、エストロゲンの分泌が減少してしまい、抜け毛や薄毛の原因なり、肌の悩みも徐々に出てきます。肌に老化があるように髪にも老化があるということを知っておくことにより、早めの対策を行うことができると思います。

マウス実験で実証済み!光を当てれば髪が増える!

マウス実験で実証済みとなっている、光を当てれば髪の毛が増えるという研究に成功しています。

実際に、髪の毛を作り出す毛包と呼ばれている器官を大量に作り出して、新しい毛を生やすことに横浜国立大学の研究グループがマウスを使った実験を行って成功しました。将来、人の髪の毛を再生させる治療法になるといわれていて、注目を浴びています。

led.jpg

この研究を行ったのは、横浜国立大学の福田淳二準教授らのグループですが、マウスの胎児かた毛包を形づくる2種類の細胞を取り出し、酸素をよく通すように300個以上の小さな穴があるシャーレの中で培養したそうです。その結果、穴の中で2種類の細胞が自然に分かれて、実験に体内で形づくられるのと同じように、毛包が形成されたということです。

更にその前に、赤色LEDを照射したマウスに毛が生えてきたともいわれています。家庭に使われているLED照明で効果があるというわkではありませんが、ヘアサイクルが休止期に入っているマウスの毛を剃って、2日~3日おきに3回ほど照明をつづけた結果ですが、2週間ほどは何の変りもなかったそうですが、それを過ぎると徐々に変化が表れたそうです。

休止期の皮膚は白いのですが、毛が生えてくるとそれが黒くなるといわれています。実際に、実験を行うまでは半信半疑だったそうですが、照明を当てることにより、結果が出て驚きを隠すことができないといわれています。

今すぐに行うことはまだできませんが、これからも様々な研究を行って、髪の毛が生えてくるような研究を行って、近い将来には、実際に、実現することができると良いと思います。

今の時代は、男性だけでなく、多くの女性の方も髪の毛の悩みを抱えている人が多くなっています。解決するためには、簡単に行える方法があるとうれしいですよね。

更に安全性が高く、育毛剤などのように副作用などを感じることもなく、治療ができるようになれば、多くの方の悩みを解消に導くことができると思います。

このアーカイブについて

このページには、2016年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。